皆さん少額投資非課税制度というものが2014年からスタートされました。株や投資信託(投信)などで得た利益を一定額非課税にする制度のことで少額投資非課税制度=NISAと呼称されています。

少額投資非課税制度のメリット

一般的にニーサという愛称で呼ばれることの多い少額投資非課税制度とは、2014年1月からスタートした新しい税制度のことです。この新制度によって、株式や投資信託などで得られた利益を一定額非課税にしてもらえるのです。ですから、ニーサ口座で株取引などを行えば、税金面で大きなメリットを受けることが可能です。
この制度は満20歳以上の日本国内居住者が対象であり、上場株式、公募株式投信の配当と譲渡益が非課税対象です。具体的には、一人当たり一年間100万円までの投資なら、5年以内に何円利益が出ても非課税です。途中での売却は自由ですが、売却部分の枠内での再利用はできなくなってしまいます。また、特定口座などの課税口座で発生した配当、譲渡益と損益通算することはできません。それから非課税期間は最長で五年です。ただし期間終了後、新たな非課税枠へ移行することで継続保有することは可能です。そして投資可能期間は2023年までであり、口座開設は一人につき一口座までとなっています。
ただし、実際に少額投資非課税制度のメリットを生かすためには注意点があります。まずは最大のメリットである「一人年間100万円までの投資なら5年以内非課税」ですが、たとえ非課税であっても利益が出なければ話になりません。ところが投資とは、儲かることもあれば損することもあるのです。そして残念ながら損をしてしまった場合、少額投資非課税制度は逆にデメリットになってしまうのです。
なぜならニーサで購入した株式や投信で損失が出ても、特定口座などの一般課税口座での利益分との損益通算はできないからです。それだけではなく、損失の翌年以降三年間の繰越控除の適用も受けられません。こうした点には要注意です。
■初心者の方オススメサイト
株初心者のための株入門サイト
■ランキングで明らかになる優良投資顧問!
優良投資顧問ランキング情報
■株主の方に見てもらいたい
株主優待